このページの位置情報

外は雪がちらほら…さ、さむいっ!!!笑

寒さに弱いわたしはまだ1月なのに春はまだかと待ち遠しくで仕方がありません!

そんな時は、あったかいメニューで温まりましょう(*^_^*)b

「わかめのふわふわ卵とじ」


≪材料≫2人分
わかめ(塩蔵)…1袋
たまご…2こ
水…150ml
醤油…大さじ1
さとう…小さじ2
酒…小さじ2

≪作り方≫
・わかめはさっと洗い、約10分間流水で戻しておく。
 戻ったら、水けをきって2cmに刻む。


1.鍋に水と調味料を入れ、ひと煮立ちさせる。
2.わかめを入れ、さっと火を通す。
3.沸騰したところに卵をまわしいれ、軽くかき混ぜて完成。
 
たまごは余熱でもどんどん火が通るので、
半熟くらいで火から降ろすと、ちょうどいい感じに仕上がります☆
彩をプラスしたいなーというときは、人参や桜えびがおすすめですよ!



今日はセンター試験ですね!
寒い日が続いていて風邪やインフルエンザを気にする方も多いのではないでしょうか?
試験を控えている受験生は特に注意したいですよねー((+_+))
そこで今回紹介するレシピは身体をポカポカにする食材を加えてみました♪

「あおば餃子スープ仕立生姜風味」


≪材料≫2人分
あおば餃子スープ仕立…1袋
人参…10g
白菜…70g
生姜…適量
小ねぎ…適量

≪作り方≫
・鍋に500mlの水を加え、お湯を沸かす
・白菜は食べやすい大きさに切り分ける
・人参は皮をむき、食べやすい大きさに切り分ける
・生姜は皮をむき、すりおろす
・小ねぎは小口切りにする

1.鍋が沸騰したらあおば餃子スープ仕立の付属のスープを入れ、人参、白菜を加える。
2.野菜がしんなりしてきたら餃子を加え5分茹でる。
3.器に盛り付け、小ねぎ、生姜を乗せて完成。

温かいスープと生姜がマッチして寒い冬にはぴったりのレシピです!
実は、あおば餃子スープ仕立はお肉を使っていない餃子なのでとってもヘルシーなんですよー(^O^)

ダイエット中の方、お夜食にお困りの方もぜひお試しください★ミ


ご家庭の余ったひじきを救済します!!!

定番のひじきの煮物以外でぱぱっと作れる簡単レシピです♪
簡単なのに栄養満点!必見ですよ☆

「ひじきと桜えびのカルシウムごはん」


≪材料≫米2合分
米…2合
乾燥ひじき(芽ひじき使用)…大さじ4(16g)
桜えび素干し…10g
酒…大さじ1
塩…小さじ2/3
枝豆…100g

≪作り方≫
・米はよく洗い、水気をきっておく。
・乾燥ひじきは水でさっと洗い、水で戻しておく。
・枝豆は塩茹でし、殻をむいておく。冷凍の剥き枝豆を使用しても可。


1.炊飯器に水気をきった米、水で戻したひじき、桜えび、調味料を加える。
2.2合分よりやや少なめに水を入れ、炊飯器で炊く。
3.炊き上がったら枝豆を加え、全体を軽く混ぜて10分蒸らす。
4.器にもりつけて完成。


ひじき、桜えび、枝豆の彩をいかすために、極力調味料はシンプルに!
が、ポイントです(*^_^*)b

ぜひお試しください♪♪♪


暑い!ビールが美味しいそんな時期到来です!

今日はするめいかを使用したお酒にぴったりな簡単メニューを
ご紹介します(*^_^*)

「米麹の漬けあたりめ」


≪材料≫するめ1枚分
するめ(げそ付き)…1枚(約30g)
酒…20g
醤油…20g
みりん…20g
水…20g
砂糖…小さじ2
鷹の爪(輪切り)…5切れ(お好みで調節)
だし昆布…1/2枚 

≪作り方≫
・するめ,昆布の表面をさっとキッチンペーパーなどでふき取る。
(白くふきでているものは旨味成分なので強くこすらないように注意)
・するめは食べやすい大きさにはさみで切っておく。
・酒、みりんは鍋にいれ加熱し、アルコールを飛ばしておく。


1.調味料と、鷹の爪・だし昆布をするめが入る大きさの密閉容器に
 入れて軽く混ぜておく。
2.切ったするめを調味液につける。
3.冷蔵庫で2日間寝かす。
4.するめに調味液がしみこみ、柔らかくなったら完成です。

七味マヨネーズにつけて食べるのがおすすめ!
お父さんが喜ぶこと間違いなし(*^_^*)お試しあれ☆


新名物「仙台あおば餃子」が
毎週日曜日放送のサンデージャポンの中で紹介されました!!



仙台産の雪菜をふんだんに使用したヘルシー餃子。
皮はもちもち、焼くとさらに鮮やかになる緑色が特徴!

牛タンに負けない名物になること間違いなし!?!?

餃子は、仙台駅構内のお土産屋さんなどで購入することができます。
今すぐ食べたい!という方は杜の國オンラインショッピングからも
購入できるようになっています。

この機会にぜひぜひ??☆☆☆